Security

時代の進化

Safety

昔までは文書は紙に書くのが当たり前でした。ですが、最近では技術の進歩により文字の電子化を行うことが出来ます。そうすることでエコに字を書くことが出来ます。また、必要な道具も減りました。

Read More

簡単に管理

guard

企業はつねに成長していくものです。また、企業が大きくなるとイントラネットの整備が大切になります。イントラネットは社内の情報を観覧することが出来るシステムを作る事ができます。

Read More

技術の進歩

これまでのISO9001

camera security

日本では1990年代後半から2000年前半にかけて、ISO9001ブームというほど、各企業が認証取得に乗り出すようになりました。国際化が急激に進んだことで、各商品を購入、輸出する際に、企業の取り組み姿勢を示せるということで、盛んに取り入れられるようになったわけです。ただ、このときは、自分の会社にどこまで必要であるかを、熟考していないところも多かったことから、徐々にISO9001を継続しない企業も現れました。その分、現在もISO9001の認証取得を継続している企業については、自社で有効に機能させているところが多く、余分な贅肉がそぎ落とされたシステムになっている場合が多く、洗練されてきているのが現状です。

必要な規格を必要な分だけ

ISO9001という規格は、国際的な取引をするために、どの業種の関係の企業でも取り入れられることを前提に作られています。その条項の中に、関係ないものがほとんどない、という形式で作られていることから、これまでよく見抱えた除外、という表現が激減したのでした。その分、ある業種に特化したものではないという側面もあります。そういった声を受けて、標準的な規格のISO9001はそのまま維持をしながら、その業界や、企業に必要と感じられる規格をプラスして取得する、といった方向が考えられるようになってきています。例を挙げれば、食品業界ではISO9001をHACCPと組み合わせたような、ISO22000が同時に採用されるようになっているのです。

安心のセキュリティ

Safety

クラウドサービスを使うことによりネット上に会社のデータを残すことが出来るようになりました。また、ネットワークセキュリティもしっかりしているので安心をして使うことが出来ます。

Read More